音楽学から世界をウォッチするブログ

音楽学を学んでいます。音楽に偏りまくった脳みそ、感性で前のめりに世界の勉強をします!マイブームは建築です!よろしくお願いします!

ヴィトゲンシュタイン『論理哲学論考』

 

以下、『論理哲学論考』を読解する私の脳内のプロセスは世界と対応関係にあるか、どうかの実験。

 

 

📝と🌏は対応関係にあるはずだ。📝は基本要素の🎯にまで分解でき、それと同様に🌏もまた、“⚙️”に分解できる。そのうえで、⚙️を正しく組み立てていけば、🌏のモデルを作ることができる。

まず、ヴィトゲンシュタインによると、🌏は☘️の総体であり、☘️はいくつかの🌬から成る。🌬がどのように成立するかに応じて、☘️が定まり、🌏が定まる。

ここでのポイントは、🌬は相互に独立しているということ、また🌬は「📌」が結びついて成立するということだ。📌とは、例えば「机」「パソコン」のことだが、ここには事物だけでなく、「白い」「冷たい」といった性質も含まれるという見方もある。性質が📌であるというのは初めはしっくりこないかもしれないが、確かにそう考えるのが整合的ではある。


ともあれ、🌏が正しく記述できるためには一体どんな条件が必要だろうか。1つは、🌏の🎼が確定できること。🌏の基本パーツが何であるか確定できなければ、それを写し取ることはできないからだ。そしてもう1つは、🌏の🎼と📝の🎼が同型であること。そうした同型性を、ヴィトゲンシュタインは「🍣」と呼ぶ。🍣は、🌏において📌同士が結びつく“幅”によって規定されている。例えば「花」は「美しい」とは結びつくことができるが、「円周率」と結びつくことはできない。📌にはそれ固有の🐼があり、🐼を共有するかぎりで、📌同士は結びつくことができる。この結びつきを📝によって写し取ったものを、ヴィトゲンシュタインは🇸🇪と呼ぶ。🇸🇪は♨️からなる。♨️は🌬を写し取るものである限り、審議の判定ができる。真であると判定された♨️は「⭐️」を持つという。

これは次のように考えてみるといい。例えば「花は美しい」という♨️は、花が美しいという🌬が成立している時、⭐︎をもつ。しかし「花は円周率だ」という♨️は、花と円周率という📌が結びつかず、🌬として成立しないので⭐︎を持たない。


最初にヴィトゲンシュタインは🌏を🎼にまで分解する。🌏は☘️からなる。☘️は🌬の集まりであり、🌬は📌のあつまりである。🌬と📌は🌏の🎼である。次に、🌏を写し取るための📝のあり方に着目する。📌と🍣を共有する「名辞」と要素🎯が📝の基本🎼である。この要素🎯を組み合わせることで、複合🎯が成立する。このようにして📝は🌏のモデルになると考えるのだ。

 

 

 

参考文献『読まずに死ねない哲学名著50冊』平原卓