音楽学から世界をウォッチするブログ

音楽学を学んでいます。音楽に偏りまくった脳みそ、感性で前のめりに世界の勉強をします!マイブームは建築です!よろしくお願いします!

新しい季節

「神様」を脳内に召喚すれば、子供の頃イメージしたままの雲に乗った仙人のような姿が現れる。なので、私は神様を信じていない、というよりは神様の存在を自分の中に上手く呼び込むことができない。だけど、自分の姿を誰かが見ていて、その誰かがこれからの私の運命や境遇を司っている、という漠然とした、しかし大きな存在は信じている。私はそれを「星廻り」と呼んでいる。

 

最近の「星廻り」は私に次のステップへ進む道を示唆してくれている(気がする)。具体的にはわからないけど、「星廻り」との付き合いは割と長いので、ここは右を選ぶべきとか、今日はやめといたほうが良いな、とかは何となく察知している。

 

「広げたい」より「尖らしたい」という欲が湧いてきて、脳内の住人たちは今までになかった客人に驚いているが、彼を温かく迎えている。どこから来たのかははっきりわからないけど、今まで出会った誰かが呼び込んでくれた縁だろうな。

 

なんか大人しいね、と言われた。緊張しているんだ、と答えた。得意のオートマティスム・デ・タラメに答えただけだけど、なんだかしっくりきた。そうか私は、新しい季節に緊張しているんだ。