音楽学から世界をウォッチするブログ

音楽学を学んでいます。音楽に偏りまくった脳みそ、感性で前のめりに世界の勉強をします!マイブームは建築です!よろしくお願いします!

中世という概念について

中世という概念の一般歴史的な使い方にはかなりな程度、問題があるという[]

世界史事典・資料集『Der Große Ploetz』の「ヨーロッパ中世」の項の冒頭では「伝統的な<中世>概念は<古代>と<近代>の存在を前提にしている。両者の間の時代に移行期というレッテルを貼っているのだ。」と述べられている。また、神学者たちは中世をこの世への出現と、最後の審判が頂点に達すべき時代の終焉の中間期として見ている一方で、14世紀、15世紀以降に登場した人文主義的な新しい観念における中世は古代ローマ帝国に人々が新たに繋がりを持とうとした従来の発展の頂点を見るものであった。中世という用語に対するいずれの使い方も、中世は究極のところ(不可避の)「応急概念」だという確信に至るという説もある[]

 

前述したような事柄から「中世」という名称は違和を感じさせ、中世に生きた人々は自分たちの時代のことをなんと呼んだのか甚だ疑問である。例えばアマデウスモーツァルトの神童ぶり故にモーツァルト父はよく知られているが、その関係性に由来する「モーツァルト父」という名称は、仮の呼び方にしかすぎず、正式なものではない。レオポルト・モーツァルトという固有名詞が確かにあり、「モーツァルト父」という呼び名はそれこそ「応急処置」であろう。これと同じく、過去である<古代><近代>という時代概念が完全に揃う、揃わないを関係なしに、中世の正式な名称は当時から存在するはずだ。

 

しかしこの疑問はその答えと引き換えに、そもそもひと続きに流れていく時間を区分したがること自体、学問的行為にすぎないということを明示している。多くの「今」が積み重なり、巨大で複雑な対象となってしまった歴史に対して人間がそれを上手く認識しようとした結果、時代という区切りを設定したにすぎないのであって、これは長い本に章を立てるのと同じ営みである。もちろん実際のところ(歴史的な考察のほか)それぞれの国や共同体で貴族や聖職者が権力の優位を誇示しようとしていた時代、それらの国や政権でそれぞれの区切りがあり、何かしらの名称が存在していた可能性は高い。しかしそれは我々が定義する「中世」の正式名称として認識するのは見当違いである。それは我々が「中世」と呼ぶ一つの区切りと年号をたまたま共有にしているだけで、決して混同してはならないことなのだ。つまり、中世の正式な名称は存在するはずだという仮説は事実と歴史を混合しているが故に起こった愚説であり、学問的、音楽史的考え方とは一線を画すべきものであろう。

 

また、一般的な歴史記述における「中世」と音楽史記述における「中世」では、何を始まりとし、何を頂点とした場合の中間期を「中世」と前提しているかが異なっている。いわゆる一般的な歴史記述における中世は古代と近代の間のことであるが、音楽史における中世は古代とルネサンスの間における時代のことを指す。つまり音楽史記述の歴史的な区分において、一般史による時代区分は芸術文化的概念によって解消される。中世からルネサンスへという音楽史的な時代配列は、その時代のいずれもがそれ自体「新たに」(ということは、互いに対立する内容を持った)音楽独自の内容と結びついている時にのみ使われうる[]と考えると、中世とルネサンスの間には独自の内容が存在し、中世とルネサンスの作品には明確な違いが見られると期待出来る。

 

 

ベルンハルト・モールバッハ著、井本晌二訳、『中世の音楽世界』、東京:法政大学出版局、2012年 []14項[]15項[]17項

 

疑問に感じていたことズバリ答えてくれた本に出会ったので書いてみました。