音楽学から世界をウォッチするブログ

音楽学を学んでいます。音楽に偏りまくった脳みそ、感性で前のめりに世界の勉強をします!マイブームは建築です!よろしくお願いします!

獅子舞調査記

私さ、獅子舞の調査に行っても

調査って実感しないんだよね

 

もちろん、「これは日本音楽概説で習った声明っていう神様に歌う歌に似てるなぁ」とかは思ったりするよ?でも、「研究させて頂きたく存じます。さて、これはどういう由来で…」みたいな気にはならなくて、親戚のおじさんの家に上がらせてもらって「うお、なにこれ?すげー」ってニュアンスでインタビューしていく。お漬物も、お赤飯も、勧められたら、遠慮せずボリボリ食べる。田舎の人は、自分の家の糠で作った漬物を食べさせたい性なのだ。父方の親戚はみんなそうだったし。

 

そんなんで、「おい、姉ちゃん、これやってみ」って言われて、色々触らせてもらえる。今日も、幣束っていう、獅子が持って踊る和紙の飾りの作り方を習ってきた。ほんとは女人禁制らしいけど。

 

音楽を研究するとき、主義とか、定義とかに振り回されていけないよって言われがちだった。正にそうだった。音楽を、アカデミックに奉りすぎて、正門からお辞儀して、襖の敷居を踏まないように正しく正しく侵入しようとしていた。でも、それとは真逆に、おじさん達と同じ視点でふわっと侵入した今日、1番自然に、ほんとの音楽を研究出来た気がする。

 

明日も使える気付きでなくても良い。でもなんとなく心が軽い。