音楽学から世界をウォッチするブログ

楽理科で音楽学を学んでいます。音楽に偏りまくった脳みそ、感性で前のめりに世界の勉強をします!マイブームは建築です!よろしくお願いします!

インフルエンザ治療薬のタミフルって地味に怖いもんで、

服用するとアニメのキャラクターや動物が見えると言ったり、訳もなく笑ったり、怖い怖いと叫んだりする、一種の異常行動が見られる場合があるらしい。

 

私も昨冬に服用した時、普段なら「女の子がそんなこと言うなんて」みたいな躊躇の元絶対に言わないだろうに、「人間の世界なんて脳みそと性器の関係性の変奏曲でしかない」とかLINEで友人に送ってしまった。(ごめんなさい)

 

取り上げる二項は論において、著者においてそれぞれだが、幾つかの哲学書を読んでもこの考えに当てはまる「二項対立とその補完、関係性はダイジダネ」みたいな記述はよく見られる。よって「世界は2からできている」という考えを私は強めていた。

 

 

本日、現代美術史・美術批評史の加冶屋健司先生が特別講義にいらっしゃったので講義を受けてきた。フォーマリズム(作品の形式的諸要素を重視する美学的な方法)についてのお話だ。私は音楽分析に興味がある。音楽分析がしたい。なぜなら私は秩序だった美しさが好きで、混沌とした美しさが秩序や数字で解明される瞬間が好きだからである。よってフォーマリズムの事は詳しくないが、期待を持って講義に参加した。

 

1910年代にフォーマリズムへの関心が高まり、更に第一次世界大戦の後、”秩序への回帰”からピカソのような新古典主義の作品群が生まれたという。しかし1930年には、活発だったシュルレアリスムがフォーマリズムの評価を下火にする。しかしその後アメリカでフォーマリズムが再び、、、といった内容だった。

 

おやおや

どうしたどうした

待て待て

 

美術は専門外だが、私はシュルレアリストサルバドール・ダリが大好きで、シュルレアリスムの勉強もしている。一方、先ほど述べた通り秩序だった美しさに惹かれるのも嘘では無い。しかし、私の心が世界の歴史と同じ道を辿るなら、私の心のフォーマリズムはシュルレアリスムに圧倒される。そして後にフォーマリズムが再び台頭する。

その後はどうなるだろう?

 

なんてことだ。

私の心も二項を飼っていた。私の美的感性は2で出来ていた。

 



世界は2で出来ているのだろうか。

もしそうなら、
私の美的感性も世界そのものだ。