音楽学から世界をウォッチするブログ

楽理科で音楽学を学んでいます。音楽に偏りまくった脳みそ、感性で前のめりに世界の勉強をします!マイブームは建築です!よろしくお願いします!

思い出す

 

まりもちゃんは昨日のことを思い出しながら脳みそを作っていました。

まりもちゃんは脳みそを食べたことがあるので、ちょうど、さばいたイカを元どおりにするのと同じように、手際よく脳みそを作っていきます。

 

まりもちゃんは昨日の「6の次の番号」にもう一度会いたいと思っていました。まりもちゃんの全て、いやそれ以上に、まりもちゃんの見る世界の全てを奴の正しさが治してくれる気がしたのです。

まりもちゃんは、奴の光の温もりに会いたいのか、奴の正しさの言葉に会いたいのか、分かりませんでした。しかし、奴に会いたいのは確かでした。

 

まりもちゃんが脳みそをこしらえていると、ワタ=クシが部屋に入ってきました。
まりもちゃんとワタ=クシは2人で一つの家に住んでいました。一軒家と言っても、練馬ハウジングプラザにあるモデルルームで、毎日誰かが出入りするので2人は四六時中2人っきりで過ごせる訳ではありません。しかも、ワタ=クシは大半、応接間にいて、まりもちゃんは奥の部屋で過ごすことが多かったので、2人の時間はごくわずかなものでした。