音楽学から世界をウォッチするブログ

楽理科で音楽学を学んでいます。音楽に偏りまくった脳みそ、感性で前のめりに世界の勉強をします!マイブームは建築です!よろしくお願いします!

ムカデ人間

 文理融合って素晴らしいと思う。

 

音楽と美術を繋げてみたいとか

音楽と何かを繋げたい欲が強い。

『繋げる』とか『融合』から生まれるものは

どんな価値を持つんだろうと改めて考えたい

 

 

というのも藝大に来てから『音楽ってなんだろう』という疑問を日々感じずにはいられない。音大にいた頃には考えたことすらなかった。美術学部がある。音楽学部がある。美術という他者の存在を知って初めて音楽という自己(の専門領域)に疑問を抱く。この、他者を設定することで自己の気付きを呼び込む方程式は、以前から知ってはいたが、気付きの瞬間が訪れた時はいつだって「自分て何も考えちゃいなかったんだな」とハッとするし、今、何もかもを生まれて初めて見たような気がしてきて走り回りたくなる。

 

今日はロボットの授業を受けた。

ロボットを作るとは、ただの機械を人間に仕立てること。ロボットという他者の存在を知って初めて人間という自己に疑問を抱いた。「ロボットはどこまで人間に近づけるんですか?」という質問に対してある技術者は「あなたが人間の定理を提示してくれるなら、それを満たすための技術向上は出来ます。しかし人間の定理とはなんですか」と答えたらしい。人間の定理とは。人間の定理とは。考えたことも無かったなぁ

 

繋げること、融合を図ることで、新たな視点が生まれる。違う角度からの視点、というよりはなんだろう、新しい単位の定規を当ててみるって感じだ。やっぱり繋げることは素晴らしい!

 

ムカデ人間』という映画がある。

カルトムービーでかなりグロテスクらしい。人間を複数人繋げてみたい、という願望を持つハイター博士が「ムカデ人間」を作るストーリーだ。

その博士みたいだ、という皮肉を込めて友人は私をハイター博士と呼びたがった。もちろんやめてもらった。

 

でもつ・な・げ・て・み・た・い。f:id:musicology0503:20161006230236j:image