読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽学から世界をウォッチするブログ

音楽に偏りまくった脳みそ、感性で前のめりに世界の勉強をします!マイブームは建築です!よろしくお願いします!

ただの日記

日記なんてつけてなにが面白いんだろうとか思いながら書いてみる。 なんかすっごい疲れちゃって脳みそにモヤがかかってる気がするんだけど、金子さんが空気中のモヤとかチリは『気』だってカンボジアで習ったと言っていたので悪い気はしない。池や草むらに集…

ただの日記

毎日毎日僕らは鉄板の上で焼かれて嫌になっちゃうな っていうツイッタラーの呟きみたいなのが歌詞になるのか、と思ったらなんだ世界ってそんなもんかと思う通学タイム そう言えば昨日の講演でチームラボ代表は一度も社会という言葉を使わなかった。世界とい…

ただの日記

誰かさんがこのブログをスクショして朗読する意地悪をするからもう更新しないぞ、と思っていたんだけど今日は自由に書こう。 インタビュー記事とか講演の質疑応答が割と好きで飽きずに見てられる。講演って自分が普段蓄えてる考えをドヤればいいんだろうけど…

音源と距離

もしも もしも 音源と耳との距離で音程が変わるのなら 世界はどう変わるか 恋人との距離で声のトーンがちがう バイオリニストは誰めがけて弾くのか 改札にスイカをかざす音がバラバラ アンサンブルが出来ない 音はもっとプライベートなものになって 一対一で…

財布をなくしたらしいよ

持ち歩く、といつも一緒にいられる。 小さい時ポポちゃんと一緒に出掛けた。 でも失くしてしまったり 汚してしまったりする可能性がある。 家に置いておけば失う危険はないけれど 一緒に出掛けられないとさみしいね。 形あるものはいつか壊れる、とも言うし …

引越し

私はいままで引越しを4回しています。 引越し以外にも大学を中退したり、最近は特に大きな組織や大人数と長い関係を持つ、という経験から離れていたかもしれません。 もうすぐ春が来ます。 そういえば、去年と同じ環境でもう一度同じ春を迎えるのは久しぶり…

『願望』

‪なんだか知らないけど制作意欲といいますか表現欲求というものがいきなり湧いてきまして、こんなのはうまれてはじめてじゃないですか。 炊飯ジャーをぱかっと開けると脳みそが入っている『願望』という作品‬ これ!作りたいです 人間これくらい簡単だといい…

脳が珍反応しまして

他人に対して久々にひどい?態度をとったのだけど(ブチ切れて無視して去る) 私には理性というものがこびりついていて、カーッとなった瞬間にも、過去の経験を電卓にババババっと打って、「今日」で割って、出た数字を見てフリーズした。 さて、どう行動しよ…

新年の御挨拶

新年あけましておめでとうございます。 2016年の夏に勢いで始めたこのブログ。ペースは遅いですが、三日坊主せずに今日まで続けてこれたこと、とても嬉しく思います。 2016年は、自分が考えのない人間だということを知った一年でした。 自らの考えを持ち、そ…

文化に対する見解(気分添え)

東京に来て3年経ち、とうとう1つの場所に複数の思い出が重なるようになってきた。 生きづらい東京が建つ。単に行きづらい、かもしれない クラシック音楽も似てる 1つの曲に沢山の演奏があって沢山の聴き方があって沢山の思い出がある ポップスも同じか。恋…

美術家と音楽家

時間の流れが違いました 音楽には終止線があります 美術にはありません 音楽は時間外に残りません 美術は残ります 音楽は夜中練習できません 美術はおかまいなしです 分かり合えないでしょうか 今日もダリ展に行きます

演奏会のお土産

を作ろう

音楽と人間

例えばこう、時間をおりたためたり 自由に切貼りできる世界があれば その世界特有の音楽の形がありそうだ わたしはいま 人間の世界で作られた音楽を見ている でもこの音楽に 人間らしさを感じたことがあるかなぁ 紙の上に作り上げられた 綺麗な綺麗な音楽 ま…

雑記

最近知ったことは、実験的に無理やり手を伸ばす必要なんて無くて、自然と望んだような形で冒険と学びのチャンスはやってくるということです。 それと、喋るとき言葉を見つけるのが苦手なことに悩んでいたんですが、たとえ面と向かって喋っているときでも表現…

炒飯とオムライス

今月頭にチャイコフスキー交響曲5番とモーツァルト ピアノ協奏曲23番の楽曲解説を書かせていただきましたが、書きながら、指揮者でも作曲者でもない自分が作品に対して形容詞を付けたり、「〜のような雰囲気で第一楽章の幕は閉じられる」などとウソ八百なら…

ミノトール

今日の記事の題名はある雑誌の題名である。 この雑誌のエッセイの中でサルバドール・ダリは霊と妖怪の形態学を比較した。 ああああ面白い!!!!!!! 私はお気に入りのものができるとしばらくはそればかり食べてしまう。今は『濃密ギリシヤヨーグルト パ…

やったー!

昨日通知が来て知ったのですが なんと! 今月のアクセス数が100を超えたそうです! やったー!ありがとうございます! 初めてそのような通知が来てびっくりしました 単純計算すると、1日5人のアクセスですか?毎日SMAPのメンバーがみんなアクセスしてくれて…

ムカデ人間

文理融合って素晴らしいと思う。 音楽と美術を繋げてみたいとか 音楽と何かを繋げたい欲が強い。 『繋げる』とか『融合』から生まれるものは どんな価値を持つんだろうと改めて考えたい というのも藝大に来てから『音楽ってなんだろう』という疑問を日々感じ…

作家、作曲者と死後(上)

恥の多い生涯を送って来ました。 という一文から太宰治の『人間失格』は始まる。 この作品は雑誌『展望』で連載されていたが、連載最終回の掲載直前の6月13日深夜に太宰が自殺したことから、本作は「遺書」のような小説と考えられてきた。しかし1998年5月23…

音感覚論と親子

親子を見るとぎょっとすることがある。 一対の組み合わせでも、似ているようで実は何の繋がりもない方が簡潔で腑に落ちることがある。本当に繋がっていて『だから似ているんですよ』と事実に太鼓判を押されてしまうと逆に疑いたくなる。 ただの'お友達同士”…

宗教学

こんばんは! ご無沙汰しています。忙しくてこのブログでやりたいことが一つも出来ていなかったのですが、今日からまた頑張りたいと思います(^ω^) このブログは音楽の知識や味わいを音楽だけの範囲に留めず、世界中を知り尽くす軸にしていこう!というブ…

ラヴェルとの夏を終えて

こうやって終わるんだ、と思ったら涙が溢れてきた。 オール・ラヴェル・プログラムの企画にスタッフとして携わっていたが、企画者の熱意と指揮者の技量に圧倒される毎日を過ごし、この企画の準備の中で大変成長した気がする。自分が何を習得したか、とかは別…

これから書こうとする『ラヴェルについて』のスケッチのスケッチ

朝が来たそれとも夜が終わったのか 時の蛇腹に身を任せる小説を、書くらしい例えば電車に乗りながらの風景を楽しむのと雲になって線路の描く弧を楽しむのとラヴェルはどちらだろうか。例えばである、例えばだ。 ラヴェルについてどう思うか。沢山の人に聞い…

はじめまして!

某藝術大学で音楽学を専攻しています(^∇^) 音楽学を勉強するようになってから他の学問や身の回りの事柄がトロピカル楽しいので、ブログにしようと思いました。 目標としては、発信していけるブログにしたいですが、まずは生活や思考をここに貯めていきた…